産後ダイエットを上手に行う方法。

妊娠中についた脂肪を落としましょう

女性は妊娠をすると赤ちゃんを守るために脂肪が体中につきふっくらとします。

妊娠中は適正な体重増加は正常ですので、気にすることなく赤ちゃんと自分の健康に気を使って適正な体重増加を目指しましょう。

出産を終えたら、赤ちゃんが出てきても脂肪は残ったままです。

骨盤も開いてしまい、お腹も出産後すぐには戻りません。

出産当日から行う事が出来るダイエットもありますので、体を休めながら妊娠前の体型に徐々に戻していきましょう。

骨盤ベルトを利用する

出産後は、体が疲労してしまっていますのでまずは自分の体を休める事が第一です。

入院中から行えるダイエット方法として、骨盤ベルトを利用するという方法があります。

開いた骨盤を元に戻す補助をしてくれるので、骨盤を締めてくれると同時に下がった胃や腸を元の位置に戻してくれます。

これなら寝ながら付けられますし、産院でも推奨していることが多いので、付け方を看護師さんが教えてくれる場合もあります。

寝ながら簡単にダイエットの第一歩を踏み出せます。

体調回復にあわせたダイエット

体が回復をして育児が慣れてきたら、徐々に体を動かすダイエットにチャレンジしていきましょう。

妊娠から1年以上運動をしていないため、体の筋肉が衰えていますので、痩せたいからと言って急に無理な運動を始めてはいけません。

転ばないように、ウォーキングシューズで赤ちゃんを抱っこしながらお散歩をしたり、自宅ではバランスボールに乗るなどといった簡単な事から始めましょう。

産後半年ほど経ったら、ヨガやエクササイズを取り入れながら筋肉を付けていく方がいいでしょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ