産後、ママと赤ちゃんに必要なもの。

臨月前にしっかりと準備を。

妊娠37週に突入したら正産期になります。

いつ陣痛が起こり出産してもおかしくない時期に入ります。

その前に、しっかりと入院準備と産後用品を用意しておきましょう。

臨月に入る前に一式揃えておく事で、いつ陣痛が起こってもすばやく入院、出産に対応する事が出来ます。

自分の用意だけでなく、生まれてくる赤ちゃんのための用品も漏れなく用意しておきましょう。

パパが用意するものとしては、カメラやビデオを持っていくのもいいでしょう。

ママのための準備品

ママの用意するものとして必要なものは、悪露対策として生理用品と生理用ショーツです。

産後は出血がありますので多めに用意しておくといいでしょう。

骨盤が開いて歩きづらかったりしますので、骨盤矯正ベルトも用意しておくと骨盤の治りが早く痛みの緩和にも繋がります。

母乳指導をしている産院も多くなりましたので、授乳しやすい専用のパジャマも用意しましょう。

産院内はスリッパやサンダルなど、脱ぎ履きしやすいシューズだと便利です。

赤ちゃんのための準備品

生まれてきた赤ちゃんのために用意するものは、ガーゼです。

汚れたらすぐに取り替えられるように、10枚ほど用意しておくといいでしょう。

退院する時には、赤ちゃんの新生児服も必要です。

普段着でもいいですが、せっかく誕生してから初めて外に出て家族で自宅に帰るのですからベビードレスを用意する方も多いです。

季節に合わせて、おくるみなども用意しておきましょう。

車で帰宅する場合は、パパにチャイルドシートを車に付けておいてもらいましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ