長く使える寝具、家具を選ぼう。

1日のほとんどを寝て過ごします

赤ちゃんは、産まれてからはほとんど寝て過ごします。

おっぱいを飲むか泣いているか、寝ているかといった事で1日を過ごします。

一日のほとんどを過ごすベビーベッドや寝具には長く使えるお気に入りのものを用意してあげましょう。

特に、ベビーベッドは大きくて存在感がありますので、邪魔にならないもの、部屋の雰囲気を壊さないものといった事も視野に入れて選ぶ必要があります。

赤ちゃんの成長に合わせた機能があり、調整もできるベビーベットがあれば便利です。

寝室のベッドの高さに合わせられるベビーベットやキャスター付きでいつでも目の届く部屋にも移動できるベビーベットもあります。

赤ちゃんが過ごしやすい環境を整えてあげましょう。

ベビーベッドの選び方

ベビーベッドは、いつも自分の目に届く場所に置いておくといいでしょう。

リビングにおいておけば、赤ちゃんの様子がいつでも見られますね。

風通しの良い場所に設置してあげましょう。

ベビーベッドは、立ってお世話した方が腰の負担も軽減されるので、下に収納スペースのあるものを選ぶとオムツ換えなどがしやすいです。

立てるようになったら、サークル代わりにもなりますので新たにベビーサークルを買い足す必要もありません。

だから、ベビーベットは移動のできる「キャスター式」で安全ストッパーがついているのが良いですね、それと、高さ調節ができるベッドであればなおのこと良いです。

ベビーゲートの必要性

赤ちゃんが歩き回るようになると、入って欲しくない場所や危険な場所が出てきます。

そんな時は、ベビーゲートを部屋の中に付けましょう。

赤ちゃんが「つかまり立ち」をするようになったら落下防止のためにベッドの高さを低くして対応します。

台所は包丁があったり、火を利用したりして危険なので台所に入るところにベビーゲートを設置しましょう。

また、階段がある家庭では階段からの転倒がある危険性があります。

階段に設置して落ちないように気をつけてあげましょう。
ベビーゲートは二重ロックになっているので、子供は簡単に開けることが出来ませんので安心です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ