妊娠中は、口にするものに気をつけましょう。

つわりと体重増加

妊娠中はいつも以上に食事に気をつけなければなりません。

お腹の赤ちゃんの成長も考えて、バランスの良い食事を心がけましょう。

以前は、二人分食べなさい!といわれていましたが、最近は体重増加しすぎると難産につながる事から医師の指導の下適切な体重増加をコントロールする事が必要となってきます。

つわり中は食べられるものが少なくなり、量も食べられません。

食べたい時に食べられる分だけを無理なく摂取するだけでも赤ちゃんに十分栄養が行き渡るので問題ありません。

サプリメントを上手に活用

バランスの良い食事と言っても、なかなか自分では作るのも大変だし買い物に行くのも大きなお腹では荷物も持つ事ができないので大変です。

そこで活用してもらいたいのがサプリメントです。

サプリメントは普段の食事を栄養を補うためにはとても便利ですので是非活用しましょう。

妊婦さんは貧血になりやすいので、鉄分が多く含まれているものや、赤ちゃんの体を作るために必要な葉酸サプリメントなどを積極的に摂取しましょう。

妊娠中の飲料

コーヒーや紅茶が大好きな女性は、妊娠したらカフェインを控えなければならないので精神的にも辛いかもしれません。

1日2~3杯程度なら飲んでもいいとされていますが、それでも気になる妊婦さんのために、ノンカフェインのコーヒーやお茶が販売されています。

これなら、気にすることなく何杯でも飲むことが出来ますね。

夏の暑い時期や、つわりで吐いている人は、脱水症状にならないようにいつもより気にして多めの水分補給を心がけましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ